「アフィリエイトで会社設立」タグの記事一覧

アフィリエイトで会社設立(法人化)


オレはアフィリエイトを始めて1年9ヶ月目で会社を設立した。理由の一つは税金の支払いのためである。
言葉は悪いが、オレは去年、いわゆる「モグリ」でアフィリエイトをしていた。しかし、所得税は年間の所得が38万円以下の場合、申告しなくてよいことになっている(副業の場合20万円)。他のページでクドイほど書いているが、オレの去年の所得は38万円を遥かに下回っていたので(というか経費を考えるとマイナス)、所得税を支払う必要がなかった。
しかし、今年になって急激に収益があがって、税金を支払う必要が出てきた。
オレの調べた限り、アフィリエイトで税金を支払うには3通りのやり方がある。
★このまま届けを出さず、所得を雑所得として申告する(一応、日本で事業を行う場合は開業届を出さないといけないらしいが罰則がない)
★個人事業(開業届を出して)として事業税・所得税を申告する(開業届を出した場合、様々な支払いが経費として認められるので税金が安くなる)
★会社化(法人化)して法人税・所得税を支払う

現在オレの月収35万円程度だが、この場合、様々な支払いを総合的に考えると個人事業の形態が最も安くなる可能性が高い。
実のところ、税金に関しては会社化しても月収35万円程度ではそれほど高くはならないし、個人事業も会社も同じような額になる。高いのは厚生年金の掛金である。会社化すると厚生年金に強制加入となる(無視している会社も少なくないが)。会社員だと会社と折半して支払うが、オレは社長なので実質全額支払うことになる。個人事業なら国民年金なので掛金が安い。
あと、会社の場合、年に一回決算を公開しないとダメで、これは専門知識がないと難しく、税理士に依頼することになる。この費用が安くても年間10万円かかる。
なんだかんだを合計すると個人事業のほうが数十万円安くなる。

あと、あまり知られてないが、社長の給料は一年間変えられない。オレの給料は、この先どれほど収益が伸びても初めに決めた額面24万9千円で一年間固定である(注:臨時株主総会を開いて役員報酬の額を増額することを決議すればOKなのだが、増額分は経費として認められないので税務上極めて不利になる)。

デメリットは大きいが、それでもオレは会社化を選んだ。理由は見栄である。個人事業の代表より株式会社の代表取締役の方が立派そうに聞こえるからだ。
実際友人たちも、アフィエイトってよくわからんが社長はスゴイと言ってくれた。両親も、何をやっているかわからない息子が立派になったと喜んでくれた。

実際は年金や健康保険など色々支払って手取りの収入は20万円ちょっとになる貧乏社長だが、とりあえず社会の明るいところに出ることができた。
オレは満足である。

ところで、会社設立に関して、オレは代行業者に頼まず自分で手続きをした。その体験を「会社設立 独力で1人株式会社を設立しました」にまとめてあるので、会社設立に興味のある人はそちらもよろしく。


このページの先頭へ