「アフィリエイトは頭打ちか?」の記事一覧

アフィリエイトは頭打ちか?


アフィリエイト市場について面白いデータを見つけた。
日本のアフィリエイト市場規模10年の推移である。


(引用:アフィリエイトチャレンジHP:http://ch.moshimo.com/afch/infographics)

2012年の市場規模が1052.5億円であり、10年で30倍に増加した、ということを示したグラフである。
しかし、オレは成長率の鈍化の方が気になった。2011年に比べると増加しているが、以前ほどの伸び率ではなく(5%程度)、頭打ちか?と思わせる状況である。
個人的にはアフィリエイトというビジネスは広告主、アフィリエイター、APS、顧客の4者にメリットがある素晴らしいビジネスだと思っているので、これからもしばらく成長を続けていくと思っていただけに、ショックな結果である(この統計にはアドセンスが含まれてないようなのは気になるが)。
また、このグラフではアフィリエイターの数を387万人としているが、それはいくらなんでも多すぎだと思う。多分アフィリエイターという言葉を知っている人ですらそれ以下の数であろう。
しかし、オレも周囲の人間からアフィリエイトやりたいって質問を受けることが増えてきたし、アフィリエイターの数はこれから急増するのではないかと思う。
頭打ちの市場で、新規参入者が増えれば、競争が激しくなるのが必然である。
もちろん、アフィリエイトが儲からないと言いたいわけではなく、半端な覚悟では勝ち抜けない、厳しい時代がやってくると思う。
おそらく、参入障壁が高くなるのではないか。アフィリエイターのスキルが上がって、初心者がスキルアップして稼げるようになるまでかなり時間がかかってしまうと思う。
それならば、早いうちにチャレンジしたほうがいい。迷っている人はあれこれ考えるより今すぐチャレンジしたほうが将来のことを考えるといいかもね。
<2015年2月追記>
アフィリエイトの市場規模は現在も拡大しており、頭打ちではない。もちろん、いつかは停滞し、衰退するだろうが、当面この業界は大丈夫だと思う。
ただし、稼げる人と稼げない人の格差が大きくなっているような気がする。
将来的にはスーパークラスの人だけがガッツリ稼いで、俺ぐらいのアフィリエイターは落穂ひろいで細々と生き残るしかないのかもしれない。


このページの先頭へ