消耗しただけの1年だった


10月のペンギン以降、アフィリ収入は低迷したままだ。
最近ヤフーの虫眼鏡の一部が表示されなくなった影響も受けた。
いや、自分で虫眼鏡スパムやってたわけではなく、便乗してセコく儲けていたのだが、それもできなくなった。

数日前にペンギンで飛んだサイトの一部が戻ってきたのはプラスだが、全体の不調を補うほどではなく、苦戦が続いている。

売上が1日1万円いかない日もよくある。

1日1万円ぐらいならいいじゃん、と思う人もいるだろう。以前ならそれでもよかったが、今、俺には金が要る。それでは生活が回らない。

だから、目先の利益を追い求めるため、ペラでも何でもいいからサイト作れよ、と自分でも思うが、手が動かない。

これやったら絶対儲かるとか(虫眼鏡のやつとか)、興味があって書きたいことなら猛烈に作業できるが、それ以外のことがしんどくなってきた。

怠けたいという気分じゃなくて、手が動かない。売上悪いし動いてくれよー、と思うが動かない。困った。でも、本気で困ってないだけかもしれない。それも困る。

それにしても、サイト作っても当たる可能性が年々小さくなってきてるような気がする。多分ライバルに比べて自分がレベルアップしてないからだろう。◯◯リンクのような安易な方法に頼って稼げるようになると、他が進歩しない。

去年の12月のアフィリ収入は373,706円だった。
おそらく今年はそれを下回るだろう。

俺はこの1年何をやって来たのだろうか?

何もしてなかったわけじゃないけど、結果的には何も積み上げることが出来ず、それどころか消耗しただけだった。
その事実に呆然とする。

これは来年も大丈夫かな、と思うサイトの収益の合計は月10万円ぐらい。多分これが自分の本当の実力なのだろうな。あとのサイトはいつポシャってもおかしくない。

今後はもっと、まともで安定的に稼いでくれそうなサイトを作って、全体で月35万円ぐらいに持って行きたい。あと25万円だが、できるかな?

シンプルに、他人が見て面白いとか役に立つサイトを作り続ければいいような気もするが、なんかそれもネタ切れ状態。でも、もうちょっと視点を変えるとかして、書いていけないかなと思う。

ということで、ライフブログに挑戦中。それなら辛うじて手が動く。
まあ、このブログをライフブログに変化させても良かったのだけど、アフィリエイトだけじゃなくもっと雑多なことを書きたかったので新しく作ることにした。

3年ぶりにローマ字新規ドメインを取って作った。自作リンクなしでどこまでアクセスを集めることができるのだろう。

アフィリ歴4年。

今、記事の質だけで、自分はどこまで勝負できるのか?あらためて自分に問いたい。

でも、それって収益化には時間がかかるし、目先のことも考えないとな。
今後の舵取りが難しい。
アフィリは難しい。

なんか、今日の記事は「でも」が多い。

迷ってるな。俺。



あわせて読みたい関連記事

4 Responses to “消耗しただけの1年だった”

  1. たなべ より:

    管理人様
    私から見たらレベルの高い悩みですが、そんなものですね。
    管理人様の文章力はシュールで惹き込まれます。
    今回の困るの件も流石だな、パクせてもらおうかと思いました。
    最初はアフィリ手法のヒントになればと思ってましたが最近は文章力を参考にさせて頂いております。
    いつか機会があったら、文章力のコツについて更新して頂ければ幸いです。

    • admin より:

      たなべさん

      コメントありがとうございます。
      正直、文章力には自信がありません。
      でもリアルな内容には迫力があるのでそれが文章力をカバーしてるのかもしれません。

  2. 田島ハルオ より:

    迷っていらっしゃいますか。

    私も迷っております。

    今年は、月30万円以上稼げた月もあり、累計収益は150万ほどになりましたが、案件の社会的な旬が終了。

    現在、報酬ガタ落ち、楽天で落ち穂拾いの毎日です。

    自己分析すると、これは来年も大丈夫かな、と思うサイトの収益の合計は、私の場合、月3万円ってトコです。

    めげない・なげない・あきらめない。

    模索は続くよ、どこまでも。

    どうぞ、よいお年をお迎えください。

    • admin より:

      田島さん

      コメントありがとうございます。
      私もかなりつらい状況なので、必死に作業しています。
      年末年始もなく、仕事します。

      >めげない・なげない・あきらめない。
      →おっしゃるとおりです。がんばります!

コメントを残す

このページの先頭へ