初めて記事を発注した


これまで記事はすべて自分で書いてきた。
しかし、ある程度稼いでいるアフィリエイターは記事を外注している人が多いようだし、自分も記事の外注に興味はあった。
とはいえ、ライターとのやりとりやコピペチェックが面倒臭いので躊躇していた。

でも最近はランサーズなどで個人に発注するのではなく、記事作成代行会社に依頼すれば、そういう面倒臭いことが省けるようだ。
ということで、試しに「アフィリエイト秘書.com」と「コンテンツウォーカー」に10記事ずつ発注してみた。目的はこれまで作ったサイトのボリュームアップである。

アフィリエイト秘書は10記事600文字6000円だが、初回は3000円offなので半額だった。
入金して12日後に記事は納品された。
正直、記事の品質にはあまり期待はしてなかったが、想像より良かった。俺より文章が上手いかもしれない。結構やるもんだね、と思った(←上から目線)。

コンテンツウォーカーはコースによって料金が異なるが、今回は「こだわり記事コース」という高いプランを選択した。10記事600文字6900円だった。
記事の納品はなんと1か月後。なんか、キャンペーンやってた関係で、ライターが忙しく、時間がかかってしまったんだとか。別に急いでなかったし、怒ってないけど、そりゃダメでしょう。
でも記事の品質は高かった。手直しすることなく自分のサイトに記事を組み入れることができた。

両方とも記事の質は高かったし、これなら発注した記事でアドセンスサイトを作って稼ぐことも可能かもしれない。
でも、次に利用するとしたらアフィリエイト秘書の方かな。アンケートに答えたら次回も3000円offになったし。
費用対効果を考えて、次回はどういう記事を発注するのか考えている。

それにしても他人に記事を書いてもらうことは楽だ。多くのアフィリエイターが記事を外注に頼む気持ちが分かった。
そして、アフィリエイターとして手段が一つ増えたことが良かった。


あわせて読みたい関連記事

2 Responses to “初めて記事を発注した”

  1. えざわ より:

    9割さん

    いつも勉強させて頂いております。

    記事サービスをご利用になられたとのこと。

    私自身もアドセンス用に利用したいなと検討しておりました。
    マッチングサイトで外注を探して育てる手間と業者の利用の
    どちらがよいものやらと悩んでおります。

    こういtった場合の結論から言うと、
    両方やってみろになると思うのですが。

    キーワード指定のみならず、記事構成指定までできるのであれば
    断然、外注のほうが手間なく稼げそうですね。

    大きく稼ぎたければ、アフィリエイト開始時点から外注しろという
    意見もありますし。

    早急に行動に移りたいなあと思いつつ、いつの間にか秋が来て、
    冬が来ていそうな。。。
    という怠け心に打ち勝ちたいと思います。

    また訪問させてください。

    • admin より:

      えざわさん

      訪問ありがとうございます。
      外注を育てるか、業者に頼むか、ですが、費用面では外注の方が半額以下でできるみたいです。上手くできればそちらのほうがいいのでしょうが、手間がかかるので業者にしました。
      しかし、本当は両方やってみるのがいいのでしょうね。

      実りの秋のためにお互い頑張りましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ