プロミスのキャッシングを申し込み後15分で断られ激怒!


最近、キャッシング案件に挑戦している。
しかし、自分には関連知識がないし、サイトを作っても、どうも内容が薄っぺらくなってしまう。
そこで、抵抗はあるものの、自分で実際にキャッシングして、その体験談を元に記事を書こうと考えた。
ちょうどよいタイミングで、プロミスの案件が8000円→20000円にアップしているので、自己アフィリも兼ねてプロミスに申し込むことにした。

朝9時ぴったりに申し込みページから必要事項記入スタート。
9時13分に申し込み完了(かかった時間を詳しく記録しておいてサイト作りに活かすつもりであった)。
9時25分に確認の電話が携帯にかかってくる。
9時28分に借金を断られた…。

おいおい。それじゃあ記事書けないだろう。じゃなくってそれ以前に何で断られんとイカンのだ?
なお、俺は今回が初キャッシングで、他社からの借り入れはない。無職ではなく、定期的な収入もある。というか、一応株式会社の社長である。
「今回は私どもではお力になれません。申し訳ありませんでした。」って、そんな馬鹿な!?

でもまあ、拒否られた理由ははっきりしていて、それは職場に固定電話がなかったから。自分の場合、アフィリエイターだし職場も自宅も同じなんだけど、固定電話なんて今どき必要ないでしょ。

はいはい、固定電話のない社長なんてバイト君以下ね、OK。
俺は勘違いしていたよ…。

それにしても気分が悪い。まだ午前中だが酒が飲みたい気分だ。


あわせて読みたい関連記事

7 Responses to “プロミスのキャッシングを申し込み後15分で断られ激怒!”

  1. やまと より:

    adminさんの記事毎回楽しみに読ませていただいています。

    今回は残念でしたね…
    やはりこの場合はアフィリ報酬も発生しないのでしょうか。

    高単価ですが中々成果には結びにくそうな分野だと
    個人的に感じています。

  2. サイトウ より:

    契約が出来なかったのは残念ですね。

    ただ、キャッシングは滞納せずとも借りただけで信用面に傷が付く(お金を計画的に運用出来ないと判断される)という話がありますが、その辺は大丈夫ですか?

    • admin より:

      サイトウさん

      コメントありがとうございます。
      確かに、キャッシングは借りると履歴が残ってしまうという話は聞いたことがあります。
      そういう事もあって、少し悩みましたが、それ以上にアフィリエイトで成功したいという思いが強いので、申し込んでみました。
      しかし、私には傷つくような信用がなかったようです(笑)。
      元々信用のない人間が、信用についてあれこれと悩む姿はピエロとしか言いようがありません…。

  3. tetsu より:

    はじめまして、いつもブログ楽しみに拝見させていただいています。

    キャッシング残念でしたね。

    ただキャッシングはむしろ株式会社社長だと借りにくいようですよ。一般的にいって「社長がプロミスで借金」って聞くだけでやばそうじゃないですかw

    プロミスの場合一般貸付は保証人不要だとおもったんですが、個人貸付したつもりが、事業資金に回されていたというのは貸付側からいって好ましくないのかもしれません。

    多くの金融機関は会社貸付と個人貸付の審査・保証人の有無が違いますので、管理人さんの事案の場合、そこらへんがはっきりしていなかったから落ちたのかも。

    むしろフリーターといったほうが通りそうです。

    • admin より:

      tetsuさん

      コメントありがとうございます。
      >一般的にいって「社長がプロミスで借金」って聞くだけでやばそうじゃないですかw
      →確かにヤバいですね…。しかし、信用がフリーター以下というのは悲しいです。

      でも、こうなったら意地でも借りてやろうと色々考えています。

  4. ムロカワ より:

    初めて訪問しました。
    とても参考になりましたし、元気をもらいました。
    私も専業でやってますが、月30万前後で停滞しています。

    孤独な作業が多いく、同業者さんの実情も知らないので、
    共感することが多く励みになりました。

    • admin より:

      ムロカワさん

      応援ありがとうございます。
      アフィリエイトは孤独に作業し続けられるかが成功の最も重要な要素かもしれませんね。
      私も収入は停滞していますが、壁を突き抜けようと孤独の中で試行錯誤しています(そして9割失敗w)

      まあ、お互い頑張りましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ