理想が高すぎて2週間も手が止まってしまったよ…


最近、「アフィリエイターとしての理想」という記事でも書いたが、
・社会的に意義がある
・自分が儲かる
・作業していて楽しいこと
の3つを満たすサイト作りを目指すことを俺は標榜している。
我ながらご立派な意見だと思うが、口で言うほど簡単ではない。
そんな厳しい条件を満たすサイトのネタってなかなか思い浮かばない。昨日、ようやくひとつサイトを作ったが、このネタを思いつくのに2週間もかかった。2週間もの間、作業することなくウンウンとうなりながらネタ探ししていた。
考え続けたとしても思いつかない可能性だってあるわけで、このまま何も思いつかなかったら廃業だなあと不安に思っていた。作業してないからといって楽ではなく、逆に非常に苦しい時間を過ごした。
このサイトを作るのには5日かかったが、やっぱり手を動かしている方が楽しい。アフィリエイターはこうでなくっちゃと思う。
でもまた今日からネタを考える日々が始まる。気が重い。次は一体何日かかるのだろう。こんなの何度も繰り返してられないし、近いうちに路線変更を迫られるかもしれない。でもせっかく試行錯誤して出来かかった自分のスタイルなのだから、できれば貫きたい気持ちも強い。

さて、今回作ったサイトであるが「老後資金?そんなの必要ねえ!」である。

日本人の悩みで一番多いのは「老後の生活設計」であることをご存知だろうか?総務省の世論調査の結果である。
我々は日常生活で多くの悩みを抱えながら過ごしている。俺も現在は仕事の悩み、健康の悩み、現在の収入の悩みなどを抱えているが、世の中の人間はそんな今の悩みをすっ飛ばして遠い未来の老後の方が心配らしい。
どう考えても順番がおかしい。というか、世の中おかしい。
老後の心配するより、今頑張れよ、と強く思う。
そんな、狂った風潮に異議を唱えたくてこのサイトを作った。

社会的には意義はあると思うし、作っていて楽しかった。しかし、儲かるかどうかは微妙。
メインキーワードは「老後資産」である。ライバル不在(アフィリエイターは多分いない)なので上位表示はさせやすい。その他、老後関係のキーワードを集めれば一日数百のアクセスを稼げると読んだ。
ただし、アフィリエイトサイトは読者の不安を煽りまくって広告をクリックさせることが基本であるが、このサイトは逆に不安を鎮める記事を書いている。多分クリック率は低いだろな。
本当に儲けたいだけだったら「老後資金は絶対に1億円必要です」「若いうちから貯金しておかないと将来は路頭に迷いますよ」とかいう記事を書きまくればいい。やろうと思えばできるが、それでは俺のよって立つところがなくなる。

はー、理想を貫くのも楽じゃないよ。


あわせて読みたい関連記事

5 Responses to “理想が高すぎて2週間も手が止まってしまったよ…”

  1. こんにちは。

    理想の追求もすごいですが、作ったサイトを公開しちゃうのがスゴイと思います。

    私の場合は売れる広告を見つけて、それを売るためのサイトを作るのでネタに困ったことはないです。

    アフィリエイトも色々な方法がありますね。

    • admin より:

      アフィリ笹木さん

      コメントありがとうございます。
      サイトの公開は真似する人がいると思ってないからです。多分儲からないし…。

      >私の場合は売れる広告を見つけて、それを売るためのサイトを作るのでネタに困ったことはないです。
      そちらのやり方が王道だと思います。かと言って簡単ではないですが。

      おっしゃるとおり、アフィリエイトの方法も色々ありますが、自分のスタイルを確立することが大切かと思います。

  2. 吉田かどま より:

    労作の「老後の資金?そんなの必要ねえ!」拝見しました。

    すがすがしいあっぱれなサイトですね。

    でも、確かに儲からなさそう。

    このサイトに相応しい広告、なんかないもんですかね。

    今後もお励みください。

    かげながら応援させていただきます。

    • admin より:

      吉田さん

      感想ありがとうございました。
      やっぱり儲かりそうにないですよね…。
      でも、しばらくはこの路線で行くので陰ながらの応援よろしくお願いします。

  3. 吉田かどま より:

    >でも、しばらくはこの路線で行くので陰ながらの応援
    >よろしくお願いします。

    心から応援します。

    adminさんは、アフィリエイトの求道者ですなあ。

    こんなスタンスのアフィリエイターは初めてみましたよ。

    このブログを思うたび、箸を持つ手がとまります。

コメントを残す

このページの先頭へ