アフィリエイターはインターネット芸人だ


「夢をかなえるゾウ2」という本を読んで感銘を受けた。有名な本なので本屋で平積みされているのを見た人もいると思う。
これが面白くて、しかもためになるという俺の理想とする内容なのだが、その中で特に印象に残ったのが、「お金を嫌な作業をすると貰えるものと考えると貧乏になる」という教えである。
それだと、「いかに楽して作業を終わらせるか」ばかり考えるようになるので、仕事をできるだけ減らそうとするし、給料が増えることもない、とのこと。
これって、俺が会社員だった頃にモロに当てはまる。
仕事は面白くなかったので、給料はその我慢料だと考えていた。だからサボることばかり考えていた。真面目に仕事してもサボっても基本給は変わらない。俺の場合、周囲に人がいなければネットサーフィンしてることもあった(笑)。
そういうわけで、俺の人事評価は良くなかったし、ボーナスの査定も平均以下だった。当然だ。
結局3年で辞めたが、あのまま続けていても大成することなく、ショボイ会社員人生を送ったに違いない。

それで、金持ちになるには、逆のことをすればよい。「お金はお客さんを喜ばせた分だけ貰えるもの」と考えるとよいそうな。
なるほど、会社員時代の俺なら「キレイ事に過ぎない」と一刀両断したかもしれないが、今の俺としては「うんうん、そうだよなー」と感じ入ってしまう。
アフィリエイトの作業も嫌と思ったらサボるようになるし、サイトを作るペースも落ちていくだろう。それでは収益が上がらないし、金持ちにはなれない(基本給もない世界だしね)。
中にはビジネスと割りきって嫌な作業もガシガシこなしている心の強い人もいるだろうが、凡人だといつか綻びがくる。

しかし、面白いサイトを作ったら作っただけ儲かると考えるならやる気も出る。
「考えれば」の話ではあるが、実際、アフィリエイトの世界でも概ね真実だと思っている。面白いサイトは最終的にはアクセスが増えて儲かる。それは自分の体験として正しい(ただし、少しはSEO対策とかしょーもない小細工みたいなこともやらないといけないので、完全にそうとも言い切れないのは悲しい)。

「夢をかなえるゾウ2」の主人公はお笑い芸人で、人を喜ばせるのが仕事なわけだが、アフィリエイターも似たようなものだと思う。アフィリエイターはウケるサイトを作って金を儲ける「インターネット芸人」だ。本当にそう思う。

俺みたいな中途半端なアフィリエイターが言っても説得力はないかもしれないが、アフィリエイトもビジネスライクにやるより、芸を見せるんで面白かったら金下さい、ぐらいの感覚の方が大成するような気がする。

俺は自分以外のアフィリエイターと会ったことがないから、他の人がどう考えているのかよくわからない。
「そんな甘いこと言ってるからテメエはこの数ヶ月伸び悩んでるんだよ」などの批判の声もあるかもしれないが、そういうのもコメント欄に書き込んでもらえれば嬉しいです。


あわせて読みたい関連記事

8 Responses to “アフィリエイターはインターネット芸人だ”

  1. ウノエ より:

    私も誰かの役に立つサイトを作ってさえいれば自然とアクセスが集まり、その見返りにお金が入ってくるものだと思ってます。
    なんで、基本的に外的SEOもやらないですし、中古ドメイン使ったりもしないで…あー!だから、私は2年ぐらい伸び悩んでるのかーw

    • admin より:

      ウノエさん

      コメントありがとうございます。
      検索エンジンが賢くなっていると言っても、まだまだ人の目で見てつまらないサイトが上位表示されているケースは少なくありません。私も出来れば外的SEOとか非生産的なことはやりたくありませんが、現状では多少はやらざるを得ません。
      でも、それでも外的SEOにかける時間はできるだけ少なくして、サイト作りの方に力を注いでいきたいです。

  2. >アフィリエイターはウケるサイトを作って金を儲ける

    本来そうあるべきですよね…と思いながら、

    >まだまだ人の目で見てつまらないサイト

    を作ってしまっています。。。

    私が作った旅行記のサイトは、アクセスはあるけど、楽天アフィリエイトぐらいしか報酬があがりません^^;

    なので、てっとり早く稼げる案件に走り、広告主のサイトに流すだけの中身の薄いサイトを量産しているのが現状です。

    でも、サイト作成自体は楽しんでやっているし、通勤しなくてよし、人とも話さなくてもいいなんて最高に幸せ~♪ と思いながら作業しています。

     

    • admin より:

      アフィリ笹木さん

      コメントありがとうございます。
      面白いサイトを作ることは言うほど簡単ではないですし、自分で面白いと思っていても他人からすれば面白くないことだってあるでしょう。私の場合、このサイトのタイトルにあるように、がんばっても9割ぐらいは失敗する、というぐらいの心構えでやってます。

      >サイト作成自体は楽しんでやっているし、通勤しなくてよし、人とも話さなくてもいいなんて最高に幸せ~♪ と思いながら作業しています。
      その感覚は何より大切なことだと思います。その調子なら長続きしますし、いずれ素晴らしいヒット作も出てくるのではないでしょうか。

  3. お金持ちになりたい より:

    いつも更新を楽しみにして拝見させてもらっています。私は専業アフィリエイターです。初めて半年が経過しましたが、今だ報酬は月1000円程度です。
    賢威、日本語ドメインで10記事以上、1記事700文字程度のサイトを様々なキーワードで毎日ひたすら量産しています。「早く稼げるようになりたい」という気持ちが先行しすぎてユーザーのためになるサイトは作れていないような気がします。しかし、アフィリエイターは興味がないジャンルのサイトを最初は作っていくと思いますがそういった時はどのように記事を書いていますか?また、このアフィリエイト方法をどう思いますか?

    • admin より:

      お金持ちになりたいさん

      コメントありがとうございます。
      私の場合、半年後の報酬は100円以下でしたよ(笑)。
      その頃ですが、私も興味のないジャンルのサイトもいっぱい作ってました。何でもいいからとにかく儲かりたい、という気持ちでした。
      しかし、興味のないジャンルのサイトでも、儲かる場合もあります。私の場合は医療系転職のサイトですが、あれはあれなりに一生懸命作ってました。面白いサイトを作ろう、という発想ではありませんでしたが、儲けたいからどうやったら成約に結びつくか、あるいはライバルサイトと差をつけるか、時にはオールドドメインを使ってみたりとか、色々試行錯誤していました。でも、嘘はついていませんし、不正もしていません。
      動機はともあれ、アクセスがあって成約もあるので、そのサイトも結果的には人の役には立っているのかなあと思います。
      ということで、興味のないジャンルのサイトを作るのもアリだと思います。
      あとは、自分のモチベーションの問題かと思います。

  4. てつ より:

    はじめまして、てつと申します。
    いつもブログの更新を楽しみにしています。

    1年4ヶ月かかってやっと月2~3万稼げるようになってきたところです。
    物販アフィリエイトを行なっています。

    「芸人」という言葉を見た時、
    稼ぐ系は芸能人ビジネス(有名人ビジネス)だなと
    思いました。ほとんどやっていませんけど。。

    ちょっとネタばらしになってしまうのですが、
    実家の地方の観光サイトと、
    昨年移住したので移住ブログを書いています。

    今いる移住先はネタの宝庫(観光地)なので、
    時間を見つけてマイペースにブログを書く予定でいます。

    両方とも自分の経験に基づくものなので、
    多少は検索を意識はしますが記事は好きなように
    書いています。

    地方の観光サイトは毎日20アクセスくらい地味にあって、
    なにげにうれしいです。

    移住ブログは書き始めたばかりなのでアクセスは
    ほとんどありませんが、好きなように書いています。

    記事を読ませていただいて、
    自分の言葉で書くこと自体が芸なのかなと感じました。

    ・・・普段は興味のないジャンルでブログとサイトを作っています。
    まだ何とか割り切っていますが、たまに心が折れそうになることが
    あります・・・(汗)。

    「私は芸人」くらいに思ってないとやっていけない時があるので、
    おおむね同意です。

    • admin より:

      てつさん

      長文のコメントありがとうございます。素直に嬉しいです。
      実はちょっと今回の記事はキレイ事かなあと自分でも思います。
      私だってアフィリエイトの才能はなく、月1万円を超えるのに1年かかった人間です。
      他人が喜ぶとかより、まず自分が儲けたいという、ただそれだけで作業をしていました。
      運良く生活費ぐらいは稼げるようになって、ようやくキレイ事も言えるようになりました。元々私もそんな出来た人間じゃないです。

      その実家の観光サイトと移住ブログですが、そういう生の情報って、何より貴重だと思います。社会的な意義はあるし、しかも自分の好きなように記事を書けるということは素晴らしいと思います。
      芸人としては素晴らしい。

      ただし、我々はアフィリエイター。それで儲けなくてはいけません。自分も楽しい、訪問者も楽しい、そしてお金も稼げる。全部満たすことは、なんて難しいんでしょうね。それはお笑い芸人が成功してセレブの仲間入りするぐらい難しいことだと思います。
      でも、だからといって諦めないで理想を貫きたいですね。

      アフィリエイターもまた「夢追い人」だと思っています。

コメントを残す

このページの先頭へ