アドセンス広告が停止される…


ある日、一通のメールが来た。
「サイトへの AdSense 広告配信が停止されています」
あっちゃー、ついに来てしまったよ。
これまで数々のアフィリエイターを震え上がらせてきたという、アドセンスペナルティのメールが。
アドセンス始めて2年ぐらい経つけど、ペナルティを食らったのは今回が始めて。ドキドキしながらメールを開いた。
まず、ホッとしたのはアカウント停止ではなかったことだ。ペナルティは一つのサイトだけだった。
内容としては、あるサイトに不適切なページがあったので、そのサイトの広告の配信が停止されてますよ、というお知らせだった。

違反のページと、違反の詳細についても説明があった。要は、
・アダルトコンテンツ
・ユーザーにクリックを促して報酬を支払う各種プログラムの比較サイトへの誘導
がポリシー違反だそうな。

で、具体的にそのペナルティを食らったサイトは在宅ワーク関係のサイトなのだが、その中で「チャットレディ」を紹介していた。そして、その記事の最後にオレの作ったチャットレディ比較サイトへのリンクを張っていた。
個人的には真面目にチャットレディという仕事を紹介したつもりだったが、グーグル先生的にはアウトだった。

ということで、チャットレディの記事はアドセンスポリシー違反です。以上、情報共有でした。

正直、なんでだよー、と思ったが、グーグル神様に逆らうとさらなる天罰を食らうかもしれないので、その記事は潔く削除した。
また、メールにはこちらがやるべきことについても指示があった。
「必要な手続き: アカウントのその他のサイトについても、ポリシーに準拠しているかどうかを確認してください。」
他にもチャットレディについて書いたサイトがあったので、その記事も削除した。
そして、グーグル先生にお詫びと広告の再配信をお願いするメールを送った。しかし、1週間経つが、まだ広告欄は白いままである。

しかし、違反のページと内容を教えてくれるのはコチラにとってもやりやすい。昔、2008年頃は何の説明もなく、反論もできないまま、一発アカウント停止が頻発したらしい。そのせいで、古株のアフィリエイターにはアドセンスを毛嫌いしている人も多いようだ。
でも、最近では、ネットで事例を調べる限り、一発アカウント停止は減っているようだ。以前に比べればグーグル先生も話がわかるようになっているみたいだ。

色々調べたが、ペナルティにも色々種類があるようで、例えば、かん吉さんの「わかったブロク」の「「知らなかった」では済まされない!全てのアドセンス利用者が知っておくべき「ポリシー違反」と対策方法」では、まずは72時間以内に修正するように指示がでて、それでもダメなら広告が停止されるという流れになっている。結局、かん吉さんの場合は20時間で広告が戻ってきたが、オレは一週間経ってもダメなので、オレのペナルティの方が重いのかもしれない。
一方で、みんとあさんの「DOしようかな」の「な、なんで!?GoogleAdsenseアカウント停止の原因」にあるように一発アウトの方もいらっしゃるので、オレも気が抜けない。

オレのペナルティに関しては、今後進展があったらまた追記します。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ