大阪ナイト体験談!飲みつぶれて途中リタイアしましたw


11月20日夜、待ちに待った大阪ナイトが開催された。

アフィリエイターが100人近く集まるという極めてレアなイベントで、色々期待していった。
色々とは以下のとおり。

●ブログ・ツイッター上だけの知り合いをリアルなものにする
ネット上の付き合いもいいけど、リアルに会って話すことは大切。俺も3年前ぐらいから他のアフィリエイターとぼちぼち交流している。

●大勢のアフィリエイターが一堂に会する歴史的光景を記憶しておきたい。
2015年は自分の知る限り、最もアフィリエイト・アフィリエイターが盛り上がった年。今年は大きく稼ぎを伸ばした人が多い印象で、自分自身の売上も過去最高となっている。このイケイケの状況(アフィリエイトバブル?)の象徴は、◯◯ナイトになるのでは?(バブル景気のイメージがジュリアナ東京になっちゃってるみたいな)
その光景というか時代の空気感を記憶しておきたい。

●単に酒が飲みたい
俺は極度の酒好きで、休肝日なし人間だ。
最悪、だれとも話せなくても酒が飲めればそれでOK!

ちょっと話はずれるが、参加者が10人ぐらいなら、事前に全員のブログや過去ツイートを調べて、すぐに会話できる状態にしておくけど、100人もいるとさすがに無理。
ということで、下調べみたいなことはあまりしないで参加した。

場所は梅田にある「ダイニングダーツバー Bee」というお店。
大阪在住の俺は自転車で現地に向かった。

7時開始だが、受付は6時半から。
俺も45分ぐらいには会場入りした。
入り口付近で、ツイッターのアイコン入のネームカードをもらった。非常に分かりやすい。
card

開始前だが、すでに大勢のアフィリエイターが集まっていた。
貸し切りなので、店員さんを除いてほぼ全員アフィリエイターである。
osakanaito

…こんな光景みたことない。

しかも結構盛り上がっている。
開始前だが、すでに人の輪があちらこちらで出来ていた。
コミュ症の人ばかりで会場がシンとしてたらそれはそれで面白かったけど、皆さんいい意味で普通の人達のようである。

男女比は9:1ぐらいか?
年齢は30代ぐらいの人が多い印象だった。

関西には10人ぐらい同業者の知り合いがいるけど、今回はリアルに知っている人は誰もいない。
さて、誰とお話するかな…、と思って会場を歩き始めるといきなり話しかけられた。

「9割さんのブログのファンなんですよ!」

ええ、まじっすか!
大変恐縮したが、ありがたいこと。

ウエルカムドリンクを取って、その方と、テーブルで渋くビールを飲んでいた方と3人でしばらく話す。
(名前出していいのかわからないので一応伏せとく)

ほとなくして、幹事のあひろさんが開式の辞を述べられ、正式に大阪ナイトが始まった。
そこで、早速赤ワイン大盛りを注文。一気にテンションが上った。

ワインを飲んでると、女性アフィリエイターの方が話しかけてくれて、これまたブログのファンだと言ってくれた。
これまた恐縮だが、そう言われると、もっとブログも更新せねばとやる気が湧いた。
このブログ、セルフブランディングとか全然考えていない単なる趣味ブログだけど、やっててよかった、始めたのは1割成功のファインプレーだったなあと思った。

すぐに赤ワインの飲み干したので次は白ワイン大盛りを注文。
先ほどの方々ともう少しお話をしたかったところだが、こういう大勢の人の集まる立食パーティーでは、あまり長時間同じ人と話すのはマナー的によろしくないようなので、他に行くことにした。

リアルに知っている人はいないけど、ツイッターのアイコンで見たことのある人はいっぱいいた。人の顔じゃなくて首にかけたネームカードだけ見て歩いた(笑)。
大阪ナイトであるが、他の地方からも大物アフィリエイター(大物ツイラー??)が多数参戦してて、なかなか感慨深いものがあった。

そんな人達にこちらから話しかけたり、向こうから話しかけたりしてくれて、意外と話相手に困らずありがたかった。
この時間に、さらに大盛り2杯ぐらい飲んだ気がする。

俺の見た限り、ぼっちでずっと一人でいるような人はほとんどいなかったんじゃないかと思う。
やっぱり、同業者同士は気安くていいね。

時間も限られているので、殆どの人とは深い話はせず、名刺交換と挨拶ぐらいしか出来なかったのは、仕方がないとは言え、少し残念だった。

アフィリエイター同士なのだから、どのジャンルを攻めているのか、どんな手法で上げているのか、ズバリどんなサイトを運営しているのかも話してみたいところだった。
腹を探りあって、どこまで情報を出せるのか、自分の手も明かしつつ、情報のやり取りをするのが面白いのだが。
なお、俺はリアルに会った人には手法も明かすし、サイトも見せたりするよ。

そんな中、神戸のアフィリエイターさんとは少し具体的な話ができてよかった。
なんか、神戸ってアフィリエイター多いよね。俺も2年前住んでたし。

あっという間に、2時間が過ぎ去り、1次会が終わった。
ワインをがぶ飲みしすぎて、意識は朦朧としており、体は帰りたがっていた。

しかし、こんな機会はめったにないし、帰ってしまうのはあまりに惜しいという心の声に従い、2次会についていった。

2次会は立食パーティーじゃなくて、普通の広めの居酒屋みたいなところだった。
こういう飲み会では、あまり席替えとはしないし、前と両隣に座るメンツで命運が決まる部分があるが、それは恵まれていて退屈しなかった。
とりわけ左隣に座っていた、最近月5万円+出来高で人を雇った方、とは懇意に話ができてよかった。

しかし、酔いが回りすぎて、会話もままならない状況になって、途中で帰ることにした。
出口付近には数人の参加者さんが話をしていて、酔っ払って自分の靴がわからずオロオロしているところを目撃されて痛かった。
(あっ、俺いまスゲーかっこ悪いと朦朧としながら思った…)

なお、梅田近辺は以前住んでいたこともあって、この辺りはよく知っているはずなのだが、帰り道がわからなくなってしばらく呆然としていた。
認知症の人の気持ちってこんな感じなのかなと思った。
結局、スマホで地図で調べて帰った。

帰ったらYは怒ってなかった。
でも、正直あまり記憶に無い。
いつの間にか赤ちゃんと寝てた。
そして、夢のなかでも名刺を配っていた。
ある意味一晩中大阪ナイトだった。

振り返り

今回の大阪ナイトでは多くのアフィリエイター、名刺だけで10枚ぐらい貰ったし、20人ぐらいの人と話をすることができた。
一度にこれぐらいの同業者と話ができるイベントは間違いなくレアだと思う。
しかし、80人の人とは話せてないのは残念。個人的に話してみたかった人もいるのだが、2時間で100人は無理。

名刺に関しては反省があって、名刺はハンドルネームも併記するとか写真入れるとか、工夫をすればよかった。
俺の名刺は本名だけなので、多分もらった人は、この人だれだっけ?と思ってるはず。

結構皆さん、名刺には凝っていて、ツイッターのアイコン入れたり、肩書が専業ツイラーとか遊び心いっぱいの名刺があったりと、気を使っている人が多かった。
次どっかに参加するときには新しい名刺を作っておこう。そんな高いものじゃないし。

あと、今回は深い話ができた人は少なかったけど、面識ができた人とは、また少人数で話してみたいと思った。
正直、俺は大勢の飲み会よりサシ飲みの方が得意。子供はまだ小さいし、Yの機嫌も悪くなるからあまり遠くへは行けないけど、自分でそういう機会を作っていきたい。

最後に、幹事のあひろさん、ボブさん、その他運営に携わって下さった方々に御礼を申し上げたいです。
皆さんのおかげで大変貴重な時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

そして、大阪ナイトで出会った方々、今後もよろしくお願いします。
残念ながら話せなかった人も、またの機会によろしくお願いします。

P.S
次は神戸ナイトじゃないの?周辺を含めてアフィリエイター結構いるし。
お前やれよって言われても、僕はもう神戸市民じゃないしな~。

あるいは、大阪ナイトほど大規模じゃなくて、天満ナイトとか京橋ナイトとか、小規模でローカルな感じで自分で主催してみてもいいかも。自分の思っているよりアフィリエイターの数は多いようだから人は集まるかもしれない。
やってもらってありがとうございました、じゃなくって、いずれは自分も幹事的なことをしていくべきなんじゃないかと今突然思ったわけで…。
でも、幹事やると腹いっぱい飲めないしなあ~。酒飲みにはつらい。



あわせて読みたい関連記事

2 Responses to “大阪ナイト体験談!飲みつぶれて途中リタイアしましたw”

  1. ヘイゾー より:

    こんにちは。昨日はありがとうございました。和歌山のS(ハンドルネーム)さんとご一緒させて頂きました、卵アイコンのヘイゾーです。
    今度、会う時までペラサイトを30個ぐらいは作っておきますので、またお話を聞かせてください。
    よろしくしくお願いします。

    • admin より:

      ヘイゾーさん

      こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました。
      ペラでも30個も作れば1個ぐらい当たると思います。1個でも当てることができれば、モチベーションも自然と上がってくるので、それまであきらめないで下さい。
      また今度いい報告を聞かせてくださいね(^^)

コメントを残す

このページの先頭へ