自分が作りたかった理想のサイト「みんなのインタビュー」


昨日、素晴らしいサイトを発見した。

みんなのインタビュー

名も無き人たちの面白い体験をインタビューしてまとめたサイトだ。

管理人さんがこのサイトを立ち上げた理由だが、以下のとおりらしい。

いろいろな人のリアルな体験談は面白い内容が盛りだくさんだからです。

上場企業をはじめとする有名な会社の代表取締役社長の経営に関するビジネスインタビューをインターネット上で見かけるケースは多いのですが、一般のそれこそまだ学生さんであったり専業主婦の方のインタビューが掲載されていることはほとんどありません。

しかし、実際には10人いれば10人全員がいままでの人生の中でさまざまな経験をしており、それこそ「そんなことがありえるの?」と驚くぐらいドラマティックな体験をされている方もいらっしゃいます。

これ、全くの同意、というか以前から俺も同じことを考えていた。
有名人などのいわゆるスゴイ人じゃなくて、普通の人達もよくよく聞けば面白い体験談の1つや2つはあるもの。そういう埋もれそうな話を発掘して世に出したいなと考えていた。
また、大したテーマじゃなくてもリアルな体験談はそれだけで面白い。だから、本人は普通だと思ってても、他人が聞いたら面白い話っていっぱいあると思う。

そんなわけで、普通の人間である俺自身も自分の体験談をサイトにまとめてきたが、「みんなのインタビュー」みたいに他人の体験もサイト(記事)にしたことがある。
たとえばこれ(現在は儲からないから消している)。
※現役のサイトもあるからそっちを紹介したほうが分かりやすいんだけど、おまいらサイト公開したら反射的にバックリンクだどるやん(笑)
jukukou

塾講師のバイトってわりとメジャーだと思うし、経験者は少なくないはずだけど、ちゃんとした体験談としてまとめたサイトは少ないと思う。だからそんな体験談を求めている人(塾講師志望者など)からすると非常に有用なサイトだと思って作った。
なお、これは4年ぐらい前に作ったサイトで、広告はアドセンス。いい時で月3千円ぐらい稼いでた。
インタビュー先は俺の友人。趣旨に賛同してくれて、進んで協力してくれた。主にメールでやり取りした。
稼いだ金の半分を渡すと言ったが、断られたので、別のところで借りは返した。

こういうサイトを100個も作ればそれだけで生活できるし、世間にも役に立つし、自分もサイト作ってて面白いし、これが俺の進む道べきなんじゃないかと思った。

しかし、残念ながら、俺には友人が少なかった。だから量産できなかった。
そして、みんなのインタビュー管理人さんみたいに、よく知らない人にインタビューしに行く行動力やコミュニケーション能力がなかった。

結局、理想はかなわず、今じゃ金のためだけに興味のないテーマのサイトを量産している毎日だよ。

だから、自分の理想のことを現実にやっている「みんなのインタビュー」は本当に憧れる、素晴らしいサイトだと思っている。

しかし、アクセス集めや収益化は上手く行ってないらしく、巨額の赤字が出ているらしい。

インタビュー記事がGoogleから評価されにくい4つの理由と6つの対策方法

うーん、やはり現実は厳しいのか。
しかし、色々改善していてアクセスは上向きだそうだし、上手く軌道に乗って欲しい。応援してます。

応援したいから上位表示のためリンクを貼りまくりたいところだけど、俺がやるとペナるかもしれないから止めておこう(笑)。

自分ならどうする?

これは考え方の違いだけど、俺ならそれぞれの体験談を1つのサイトにまとめないで、個別のサイトを作りたいかな。さっきの塾講師のサイトみたいに。そちらのほうが狙ったキーワードで上位表示しやすいだろうし、アクセスは集まるような気がする。ペラサイト量産アフィリエイター的な発想だ。

ただし、1つの独立したサイトにしようとすると、結構なボリュームが必要だし、インタビューの時間も長くなって、手間や支払う謝礼金も多くなる。
俺の場合、相手が友人だったから長時間付き合ってくれたし、謝礼金も必要なかったから、1つのサイトが作れるだけの情報を引き出せたが、よく知らない人だったら難しかっただろう。

特に最近は記事が短いと上位表示しにくいから、相当な時間インタビューして、深く内容を掘り下げる必要があるだろうな。塾講師のサイトも内容はリアルで良かったと思うけど、ボリュームが少なかったら、結局上位表示されなくなって、稼げなくなった。内容が面白くても量が必要なんだよね。そこが難しい。

結局これやろうと思うと、長時間のインタビューに付き合ってくれる超暇な友人に根気強く付き合ってもらうしかない。
そんな暇な奴いるわけない…、と思ったが、アフィリ界隈の人ならいっぱいいるかな。一日中ツイッターやってるような(笑)。
でも、アフィリエイターがアフィリエイターにインタビューしてもなあ。。。

まあちょっと、現段階でどうすればいいのかわからないけど、俺もいつか「みんなのインタビュー」的なサイトを作ってみたい。

これは余談だけど、名も無き人の体験談なら2chまとめに毎日大量に追加されているよね。
これが下手な小説よりよっぽど面白かったりする。。
それでいて、インタビューみたいに自分で出向いて体験談を集めるより、記事を2chから引っ張ってまとめるほうが手間がかからんし、経費もかからんだろうし、稼げるだろう。
名も無き人の体験談を発掘するなら2chが最強なのかもしれん。
でも、2chは受身だからインタビューみたいに自分が聞きたい話を聞けるわけでもないし、また違うわな。

じゃあ、掲示板に「◯◯の体験談を聞きたい(読みたい)」って投稿して、誰か親切な人がそれについて何万文字も書き込んでくれたら最高なのだろうが、そう上手くはいかんよな。また、それで情報を集めることができたとして、それでサイトを作って稼ごうとなるとまた問題だろうし。

なんかいい方法ないかな~。

みんなのインタビュー

あわせて読みたい関連記事

9 Responses to “自分が作りたかった理想のサイト「みんなのインタビュー」”

  1. リリー より:

    理想的なサイトですよね。

    興味のある人は絶対に見てて面白いと思いますし『”How to”よりも本当(実際)のところはどうなん?』って方が自分も気になるところですし。

    作っていても面白いです。
    正に事実は小説よりも奇なりですよねw

    ただ僕の場合はまだまだ聞き取りが下手(限られた時間の中)でまだまだ勉強中です。

    サイト構成もキーワード意識し過ぎて(欲が出て)言いたいことがぼやけてる?みたいにもなってムチャクチャになってますw

    • admin より:

      リリーさん

      コメントありがとうございます。

      >正に事実は小説よりも奇なりですよねw
      →本当にそうですよね!

      >ただ僕の場合はまだまだ聞き取りが下手(限られた時間の中)でまだまだ勉強中です。サイト構成もキーワード意識し過ぎて(欲が出て)言いたいことがぼやけてる?みたいにもなってムチャクチャになってますw
      →ん?リリーさんもインタビューサイトを運営されてるのですか?だとすればスゴイですね!

      • リリー より:

        インタビューサイトといった大それたものではございません・・・。僕のは知り合いに聞いてサイトで展開する(体験談サイト)といった感じのものです。数も全然展開できておりません・・・。作っていて楽しいものですのでこれからも作ってはいきたいサイトのジャンルではあります。

        • admin より:

          リリーさん

          なるほど。
          >僕のは知り合いに聞いてサイトで展開する(体験談サイト)といった感じのものです。
          →私もやってましたが、たしかに楽しかったですね!
          またやってみたいのですが、友人が少ないのがつらいところです…。

  2. 苦学生 より:

    質問です。
    アフィリエイトのブログというのはやはり、ある程度サイト作り→プログラミング技能が必要なのでしょうか。

    デザインするという点で、プログラミングの技能が必要なのか気になりました。

    • admin より:

      苦学生さん

      >アフィリエイトのブログというのはやはり、ある程度サイト作り→プログラミング技能が必要なのでしょうか。
      →プログラミングの技能は、あったほうが良いですが、なくてもアフィリはできます。私もプログラミングはわかりません(^_^;)

      • 苦学生 より:

        返信ありがとうございます。
        それを聞いて少し安心しました。
        まあ将来的にIT業界に入りたいんでプログラミングは必須なんですがw

        もう一つお聞きしたのは、お勧めのブログ制作サイトってありますか。
        FCは現在アフィリエイトをしても1パーセントたりとも取られないようなんですが。

        • admin より:

          苦学生さん

          >お勧めのブログ制作サイトってありますか。
          →これは無料ブログのことでしょうか?
          最近はあまり無料ブログは使っていませんが、アフィリエイトで使うなら、FC2かSeesaaブログがいいんじゃないでしょうか?

          • 苦学生 より:

            質問にお答えいただきありがとうございます。

            おかげさまで幾つかの疑問が解消されました。

コメントを残す

このページの先頭へ