パンダアップデートでアクセス激減


2012年7月18日にパンダアップデートなるグーグル検索アルゴリズムの変更が実施された。
オレはPPCやメルマガアフィリエイトをやっていない、いわゆるSEOアフィリエイターなので、検索アルゴリズムの変更は死活問題となる。
4月に行われたペンギンアップデートでは幸い大きな影響を受けなかった。

しかし…

パンダにはやられた!
アクセス激減で、売上が4割減となった…。

パンダアップデートは過度なSEOに頼って順位を上げていた内容の薄いサイトを排除する目的で実施されたそうな。
ということは、オレはグーグルから「お前のサイトしょうもないよ」と言われたも同然である。
結構まじめにサイトを作っているつもりだったのにショックである。

SEO対策も確かに自作自演リンクをしていたものの、過度というほどやってなかったと思うのだが、パンダは容赦なかった。

圏外に飛ばされたサイトはあまりなかったが、狙ったキーワードで1位を維持していたのが6番目ぐらいに落とされたパターンが多かった。だから全滅ではなく売上4割減ぐらいの結果になった。
会社設立して1が月、いきなりの大ピンチである。今月は前半が調子良かったから後半失速したものの30万円程度の利益が出るはずだが、このままだと来月はおそらく20万円程度の利益になってしまう。会社は10万円の赤字になる。

早急に手を打たなくてはいけないが、すぐにリカバーは難しそうである。
パンダ後は安易なSEO対策が通用しないので、コンテンツが充実したサイトを作るしかない。しかし、それってかなり時間がかかるし、量産できない。
今後は一点集中というか、一つのサイトに力を入れて大きく稼ぐしかないかもしれない。
<2015年2月追記>
これ、今読んだら間違ってる。
パンダはサイトの質に関するアルゴリズムで、リンクに関するものではない。
当時の俺はパンダとペンギンを勘違いしていたようだ。

しかし、この時順位を下げたサイトはすぐに戻ってきて、それほど売上に影響はなかったと思う。


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ